HGSは羽田空港で各種の高品質な航空機地上支援業務を行うプロフェッショナル企業グループです。We provide various high quality ground handling service at Haneda Airport.

業務案内

国内線手荷物取扱業務

手荷物サービス部の主な業務は、お客さまがチェックイン時に航空会社へ預ける受託手荷物の搬送や搭降載です。受託手荷物は、コンテナに積まれ機内に搭載されるほか、バラ積みのものもあります。到着する航空機の妨げにならないよう交通整理を行った後、ベルトローダー車をバルクドアに装着してドアをオープン。お客さまの手荷物を、手荷物引渡場のベルトコンベアーの裏側まで運びます。手荷物の搬送や搭降載は、各種の特殊車両を使用しながらも、スタッフの目と手を使いながら丁寧かつ迅速に。手荷物とともにお客さまへ安心を届けることが手荷物サービス部の使命です。


  • 到着機をお出迎え
    • 翼端監視(交通整理)は進入してくる航空機を優先的に入れるため、他の車両が横断しないように監視誘導する業務です。航空機が停止するとともに一礼を行い、エンジンが完全停止した後に次の作業に移ります。

  • 速やかに降ろすテクニック
    • エンジン停止と同時に動き出すのがベルトローダー車。この車両とトラックを使用してお客様の手荷物を速やかに降ろします。出発空港からの情報で、羽田から別の便に乗り継ぎをされるお客様の荷物数も把握しており、トラック内で仕分搬送します。

  • 手荷物コンテナを搬送
    • 牽引車両の運転には技術が必要です。特に航空機の近くでは直ぐに止まれる位のスピードで運転を行いますが、ゆっくりと作業をする訳ではありません。安全を担保しながらスピーディに器材へ乗せ搬送する。これは日頃からの訓練がとても大切です。
  • 日頃からのコミュニケーション
    • 国内線の航空機は約1時間で次の便として出発します。これを可能にしているのは、プロ意識を持った人々。1機の航空機には色々な会社の方々が関わりますが日頃からのコミュニケーションで、お互いをカバーし合います。 この力で定時運行を支えています。

国内航空貨物取扱業務

スピーディな国内物流の要となる航空貨物を取り扱うことが主な業務です。貨物をコンテナに積み付け搬送車両にセッティング。到着した貨物は速やかにチェックし運送会社へ渡します。絶え間なく離発着する航空機別に、いかに貨物を的確に仕分け、バランスよく積み付けるかが勝負です。貨物とひとことで言っても、形や大きさ、重さはさまざま。また、内容も食品や精密機器、動物など多岐にわたります。貨物はまさに、モノ言わぬお客さま。貨物が安全で快適な旅ができるようサポートするのが私たちの責務です。


  • コンテナの自動仕分システム
    • フォークリフトを用いてのセッティングも行っておりますが、日本で唯一この羽田空港にしかないコンテナの自動仕分システムを用いてセッティングを行なっております。

  • 速やかに降ろすテクニック
    • 航空機のパーツや重量物などは大型フォークリフトを用いて積付けや取降ろしを行います。フォークマンは熟練の技を使い、積付け作業者との巧みなコミュニケーションによりしっかりと固定していきます。
  • バラ貨物は小口ステージで
    • 大きな貨物ばかりでなく、小さな貨物も取り扱っています。地上運送業者様の貨物も多く取り扱っており、超速便などの貨物を航空貨物で送る事が多く、今ではインターネットサービス品などの当日配達によく利用されております。どんな貨物でも“丁重に乗せる”のが私たちの仕事です。
  • コンテナチェックは司令塔
    • 到着貨物を仕切るのはコンテナチェック作業者。航空機から降ろされるとまずコンテナチェックにて行先を決めます。チェックマンの指示で全員の動きも決まる重要なポストでやりがいのある仕事の一つです。

機体外部洗浄業務

長時間のフライトを続ける航空機には、定期的なメンテナスが欠かせません。機体サービス部は、機体外部の手洗いによる洗浄作業と表面の目視、接触点検を行っています。取り扱う航空機はANA保有機体全体の85%に及ぶほか、他社の機体や航空局の航空機を洗浄することも。機体サービス部の業務は、機体を美しくすることだけではありません。作業中に目や耳、手で感じた違和感が、整備すべき箇所の発見につながることもしばしば。一機一機の状態を見つめ、機体に寄り添いながら作業をすることで、航空機の美しさの追求と安全性の確認を続けています。


  • どんな時でも安全第一!
    • 旅客機を丸洗いできる空港は少なく日本では羽田・成田・伊丹・福岡。このうち羽田と成田にて行っているので“ANA保有機体数の85%”を弊社で担当させて頂いております。昭和49年から40年以上の続いているこの仕事の秘訣はどんな時でも安全第一。
  • まさに陰の存在
    • 私たちの仕事は基本深夜から早朝にかけて行っています。日中間飛び回っていた航空機は夜整備作業を行い、また朝になると出発するので、深夜にしか洗うことが出来ないからです。空港職員でも見たことがない方が多い作業の一つです。
  • モップで手洗いしております
    • 大きな航空機をモップで手洗いと聞くと非効率に感じるかもしれませんが、手洗いすることにより、軽微なキズや凹みを発見し報告、整備することで、より安全なフライトをお約束できます。モップといえども多種多様な物を使い分けており、毎日しっかり洗っております。
  • とてもやりがいのある仕事です
    • 早朝に作業が終了し帰る頃、羽田から国内線の1番機が出発します。洗機が終わり乾いた航空機はとても美しく、ボティに駐機場のセンターラインが写るほど輝く機体もあります。そんな航空機を見ると、とてもやりがいのある仕事だと実感できます。